Ken Watanabe Returns to His Home Country in THE KING & I, at Tokyu Theatre Orb

July 11, 2019 | Larisa Amaya-Baron

翻訳者: コマハシリ・ソウシュン

「王様と私」のインターナショナル・ツアーのキャストとディレクターによる報道機関向けのイベントが東京で開催されました。ケリー・オハラ(アンナ役)は落ち着きのある優雅な立ち姿で、渡辺の故郷である日本の人々に渡辺 謙(王様役)について熱く語りました。

 

ケリー・オハラ:ケンは私が今まで一緒に働いた中で最も役に入り込む俳優の一人です。彼は演技に対してとても一生懸命で、共演するこちらもそのレベルまで引き上げられるのです。私はこの作品を他の王様役と一緒に演じたことがあるんですが、ケンのような人はいません。彼のパフォーマンスの力強さは、何か「王様と私」を特別なものにしてくれるような気がします。おそらく、今までで一番特別なものになるでしょう。

Photo: Matthew Murphy The London Palladium Production

渡辺謙はケリーやディレクターのバーレット・シャーについて興奮気味に紹介した。彼らは、観客が新たな舞台に感情移入してくれることを願っている。

 

ケン:私が今回の来日公演で手にする一番の贈り物は、ケリーを皆さんに紹介することができる機会を得られたことです!私は我々の作品を日本で演じられることを誇りに思います。

 

ケン:この作品は皆さんにとって何か意味のあるものになるでしょう。しかし心に留めてほしいのは、この作品には様々な面白い場面が登場しますが、それらは伝統的なコメディーとは異なるということです。そこには、とても真剣なテーマがあり、だからこそ、私たちはそのコメディーとドラマのバランスを味わい、感動してほしいのです。

 

私はこの場で共演者と共に、最新版のこのリバイバル作品について、そしてこの作品が日本にとってどのような意味を持つのかをプライベートにインタビューする機会をいただけたことを幸運に思います。

Photo: Matthew Murphy The London Palladium Production

The Lincoln Center Theater's International Tour of THE KING & I
is playing at Tokyu Theatre Orb in Tokyo, Japan
from July 11th through August 4th, 2019.

Tickets can be purchased from the official website:
http://thekingandi2019.jp


 

Photo credit belongs to Matthew Murphy The London Palladium Production.
All images used in this article are official promotional images provided by The King & I production.

すべての写真、映像等は公式のプロダクションから提供いただいたものです。すべての著作権はそれぞれのプロダクションにより所有されております。

In association with BroadwayWorld.com